/

この記事は会員限定です

日本工営、トルコ建設コンサルと提携 中央アジア強化

[有料会員限定]

建設コンサルタント大手の日本工営は6日、トルコの同業大手スヤプ社と事業提携する。同社が持つ人脈やノウハウを生かし、受注実績の乏しいウズベキスタンなど中央アジアでのインフラ事業の受注増につなげる。さらなる成長を目指す一手とするとともに、東欧進出への足がかりにもする考えだ。

日本工営の有元龍一社長とスヤプ社のベジェリック会長が6日、オンライン中継で覚書(MOU)締結の署名式を行う。

中央アジアや東欧エリアは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン