/

ソニー、「におい」で認知症の兆候 学術機器を来春発売

think!多様な観点からニュースを考える

ソニーグループ傘下のソニーは5日、人間の嗅覚を簡単に測定できる機器を開発したと発表した。2023年春に企業や研究機関向けに「におい提示装置」として売り出す。手軽な嗅覚測定から、認知症などにつながる脳の機能低下の兆候も早期に察知できるようにすることを目指す。

におい提示装置は当面は医療機器でなく、研究用途として売り出す。ソニーの市場推定価格は230万円前後。においのもととなる「嗅素」を手軽に制御できる「テンソルバルブ」という仕組みを搭載する。高い密閉性があり、強いにおいも外部に漏らさず封じ込める。芳香の増強ができるほか、装置内に残ったにおいをすぐ除去できる。

嗅覚の測定は現在も行われているが、視力測定などに比べると一般的ではなかった。複数の嗅素を準備する手間がかかっていた。においが漏れたりするのを防ぐために専用の測定室を用意したり、脱臭装置が必要になっていた。

ソニーによれば、認知症やパーキンソン病で発症前から嗅覚に低下が見られる傾向があるという。嗅覚を正しく測定できれば、脳の知能低下の発見が早まる可能性があるとしている。

今後は5~10分ほどで、嗅覚を8段階ほどで測定できるようにする方針。視力や聴力などと同様に嗅覚の測定も健康診断などで一般的に取り入れられるようにしたい考えだ。

ソニーの新規ビジネス・技術開発本部の櫨本修副本部長は「においの測定は難しく、これまでソニーも価値提供ができていなかった。今回の技術で人々の健康生活をより良くし、将来はエンタメ領域での新体験創出も目指したい」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません