/

この記事は会員限定です

日産、ダイムラー株売却 ゴーン元会長肝煎りの提携縮小

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日産自動車は5日、1.5%保有する独ダイムラーの株式を全て売却すると発表した。仏ルノーも手放しており、日仏連合はダイムラーとの資本・業務提携を縮小する。提携は元会長のカルロス・ゴーン被告の肝煎りで始まった。逮捕後は目立った成果が出ておらず、株式を保有する意義が薄れていた。

1株当たり69.85ユーロで6月末までに機関投資家に売却する。売却額は11億4900万ユーロ(約1500億円)になる。売却益は2021年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン