/

この記事は会員限定です

人権尊重、4割が供給網対象 リスク特定も6割

SDGs経営調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2021年の「SDGs経営調査」では、人権尊重方針をサプライチェーン(供給網)まで対象とする企業が44.8%に上った。人権侵害リスクの特定に乗り出す企業は58.5%で前回調査から5.7ポイント伸びた。人権侵害など社会課題への企業の対応に対する目が世界的に厳しくなるなか、経営の最重要課題として取り組む企業が増えている。

欧州連合(EU)は、人権リスクを特定し改善策などを開示す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1635文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン