/

この記事は会員限定です

屋根上の太陽光、切り札になるか 既存住宅の設置カギ

脱炭素「46%」への難路

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本の温暖化ガス排出の削減目標の達成に消費者が協力しやすい分野の一つが住宅だ。家庭に由来する二酸化炭素(CO2)の排出量は国内の約15%を占める。環境配慮意識の高まりもあって新築住宅では太陽光発電など再生可能エネルギーの活用が進む。2030年度の目標達成には既存住宅などでの一段の取り組みが欠かせない。

国立環境研究所によると、19年度の家庭部門のCO2排出量は1億5900万トン。13年度と比べれば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン