/

この記事は会員限定です

企業統治の透明性、向上相次ぐ

SDGs経営調査

[有料会員限定]

SDGs経営調査のガバナンス評価ではオリックスソニーグループなどが上位に入った。経営トップや役員の選解任規定を定め、責任を明確にし企業統治の透明性を高める動きが広がっている。意思決定の観点で批判されやすい政策保有株の整理も進んでいる。

今回の調査では経営トップや役員の選任・解任規定を定めていると答えた企業は全体の69%に上った。前回調査(62.1%)から増えた。経営トップの解任規定があると答え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン