/

この記事は会員限定です

買収防衛策、減少ペース鈍化 21年は9社止まり

相次ぐ敵対的買収 背景に

[有料会員限定]

買収防衛策を導入している企業の減少ペースが鈍っている。2021年の導入社数は昨年末比から9社減で、20年の44社減、19年の60社減を下回った。敵対的買収の増加などを背景に新たに導入する例も目立つ。経営者の保身につながるとして投資家の反対姿勢は強く、株主総会では厳しい判断も予想される。

M&A(合併・買収)助言のレコフが6月16日時点のデータを集計した。買収防衛策は可否を株主総会に諮る企業がほとん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン