/

日本経済新聞社、増収増益に 21年12月期

日本経済新聞社が8日発表した2021年12月期の連結決算は、売上高が前の期比6.7%増の3529億円だった。紙の新聞販売は減少したものの、日経電子版が有料会員数を増やし堅調に推移した。広告収入が伸びたほか、新型コロナウイルスで前年に中止となったイベントの再開も寄与した。原価と販管費が増えたが営業利益は2.3倍の198億円、純利益は8.9倍の123億円となった。

単独決算は売上高が2.1%増の1807億円。税引き後利益は2.5倍の110億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン