/

KADOKAWA系、QRコードの管理ツール提供開始

出版大手KADOKAWAのグループ会社で、同グループで使うサービスのインフラ開発などを手掛けるKADOKAWA Connected(東京・千代田)は11日、QRコードを一元管理するツール「QRouton(クルトン)」の提供を開始すると発表した。2022年3月までに利用者を30万人とし、1500万円の売上高を目指す。

QRコードの印刷後でもリンク先のURLを変更できる。複数のQRコードを一元管理してアクセス解析することもできる。短縮URLを活用し、スマートフォンなどで読み取りやすいQRコードも発行する。これまではURLが長くなってしまうことでQRコードの絵柄が細かく複雑になり、読み取りが難しいケースがあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン