/

この記事は会員限定です

ペルセウスの横川社長「調達資金、新薬候補の開発費に」

[有料会員限定]

東京大学発で「抗体」と呼ばれるたんぱく質を使った創薬を手がけるペルセウスプロテオミクスが22日、東証マザーズに上場する。横川拓哉社長に事業内容や成長戦略を聞いた。

――事業内容を教えてください。

「生体内の物質を利用した『バイオ医薬品』のうち、がんなどの異常細胞と結合する性質をもつたんぱく質である『抗体』を使って新薬を開発している。東京大学でがん治療を研究する教授らが2001年に設立した。有効性や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

もうすぐ上場します

新規株式公開(IPO)を目前に控えた企業の事業内容や上場後の成長戦略は。日経新聞電子版「もうすぐ上場します」コーナーでは経営トップのインタビューをまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン