/

王子HD、インドの段ボール製造会社を買収

王子ホールディングス(HD)は4日、段ボール製造を手掛けるインドのエンパイア・パッケージ(チャンディガル)を買収したと発表した。投資額は数十億円程度で、発行済み株式の80%を取得した。インドは経済成長とともに物流需要も伸びており、新たな顧客基盤の獲得で販売拡大につなげる。

エンパイアの2021年3月期の売上高は10億ルピー(約15億円)。工場は北部パンジャブ州に構え、インド北部地域で強い顧客基盤を持つ。従業員は約300人。

王子HDはインド北西部のラジャスタン州やグジャラート州など3カ所に段ボール製造拠点があり、エンパイア社の拠点は4カ所目。王子HDの工場と販路拡大でシナジーが出せると判断した。

国内の紙・板紙事業が縮小傾向にある中、王子HDは積極的に海外展開を進めてきた。段ボール製造工場は東南アジアやオセアニア地域全体を含めると35カ所目となる。 

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン