/

この記事は会員限定です

楽天、携帯無料廃止も遠い黒字化 KDDI障害は追い風か

西城彰子

[有料会員限定]

楽天グループの携帯事業で赤字脱却に向けた苦闘が続いている。7月から携帯事業の目玉だった「0円」の看板を下ろし、収益確保にカジをきったものの、5月の発表後には大規模な解約懸念で株価や社債価格が下落し、逆に市場の警戒感が強まった。だが、KDDIの大規模障害発生で、解約減少や「複数回線持ち」の需要が高まる可能性がある。2023年中の単月黒字化目標のために、こうした需要をどのくらい取り込めばいいのか試算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1674文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません