/

この記事は会員限定です

超音速旅客機、空に再び スタートアップ先導

米ユナイテッド、29年商用化目指す

[有料会員限定]

超音速旅客機が空に戻ってきそうだ。3日に米ユナイテッド航空が2029年の商用利用を目指し、購入契約を結んだと発表した。2003年に退役した「コンコルド」から約20年、スタートアップが先導して騒音や燃費など超音速機の課題解決に取り組んでいる。空の足として定着すれば、ビジネスや観光など経済活動が活発になりそうだ。

超音速機はマッハ1(音速=時速1224キロメートル)以上の速さで飛ぶ飛行機を指す。ユナイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン