/

電力逼迫予報をアプリで確認 ネイチャー、節電需要狙う

スマートリモコンの開発・販売を手がけるネイチャー(横浜市)は、消費者が住むエリアの電力需給の逼迫状況をスマートフォンで確認できるサービスを始めた。猛暑で電力需要が増えるなか、原子力発電所の再稼働の遅れなどにより電力不足が懸念されている。電力需給の逼迫状況を手軽に確認できるようにし、節電への意識を高めてもらいたい考えだ。

スマホ向けアプリの「Nature Remo(ネイチャーリモ)アプリ」に新たに機能を追加した。国内10エリアごとに電力の使用率を数値と色で示す。電力の使用率は需要を供給で割って示し、97%以上は「非常に厳しい」水準とする。一日の電力需給の推移を30分単位で表示し、その時点の予測を示す。

ネイチャーは関西電力と連携し、節電プログラムを実施している。節電に協力するとポイントなどを付与する。経済産業省も冬に向け、節電に協力する家庭は2000円相当のポイントを受け取れる支援策を打ち出している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン