/

gumi、21年4月期の純利益4%増 暗号資産の売却益で

スマートフォン向けゲームを手掛けるgumiは4日、2021年4月期の連結純利益が前の期比4%増の18億円だったと発表した。ゲームの主力作品の利用減少により減収だったものの、暗号資産の売却などで増益を確保した。

営業外収益に暗号資産の評価益11億円と売却益9億3000万円を計上し、経常利益は2.9倍の60億円だった。売上高は6%減の186億円、営業利益は32%減の15億円だった。ゲームソフト大手のスクウェア・エニックス・ホールディングスと協業して配信した「ファイナルファンタジー」シリーズは好調だったが、そのほかの主力作品は配信期間が長くなり売り上げが落ち込んだ。

開発中の一部タイトルについても将来の収益見通しを見直し、16億円を減損損失として計上する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン