/

この記事は会員限定です

職場はメタバース アストラゼネカ、医師とは遠隔で面談

しごと進化論

[有料会員限定]

製薬大手の英アストラゼネカ日本法人が、医師との接点を担う医薬情報担当者(MR)の働き方を大胆に見直した。全国67カ所の営業所を廃止。その上でMRがメタバース(仮想空間)で働ける環境を整え、医師との面談もオンラインに切り替えた。営業所と病院を何度も往復する伝統的な働き方にメスを入れ、生産性の向上をめざす。製薬以外の幅広い業界にも参考になりそうだ。

神戸市内の駐車場。営業車の運転席に腰かけたMRの松...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1882文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

働き方や人材育成、採用戦略などをテーマに最新の仕事の姿を描きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません