/

この記事は会員限定です

ホンダ、栃木のエンジン部品工場 25年に閉鎖 

[有料会員限定]

ホンダは4日、栃木県にある四輪車のエンジン部品工場を2025年に閉鎖すると発表した。電動化によってエンジン部品の生産が減る見込みのためという。部品生産は今後、国内外の完成車工場などに移し、約900人の従業員の配置換えも進める。ホンダは40年にエンジン車から撤退する方針。生産再編で四輪事業の収益力向上も目指す。

閉鎖するのは、栃木県真岡市にある「パワートレインユニット製造部」と呼ぶ工場。エンジン部品やエン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン