/

文化シヤッター、EVから給電する電源装置 ガレージ用

文化シヤッターは、電気自動車(EV)からガレージシャッターに給電する装置「プラグインパワーユニット」を発売した。EVを非常電源として活用し、停電時でもシャッターを開閉できるようにする。台風などの甚大な自然災害が増え停電のリスクが高まるなか、戸建て住宅を中心に需要を開拓する。

給電装置はガレージの壁面などに取り付けて使う。停電した際に装置のカバーを開き、付属するコンセントプラグをEVやハイブリッド車(HV)の車載コンセントにつなぎ給電する。家庭用のポータブル電源にも対応する。給電すると、リモコンなどを介してシャッターを開閉できるようになる。

装置のカバーには防水機能を施したため、屋外にも設置できる。高級感のあるシルバー色を採用し、自宅の外壁になじみやすいデザインとした。

参考価格は10万6700円で、取り付けにかかる工事費用などは別料金とする。停電時に暗がりでも作業がしやすいよう、30分間点灯する発光ダイオード(LED)灯もオプションとして備える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン