/

この記事は会員限定です

テスラ、EVは通過点 狙うはエネルギー垂直統合モデル

[有料会員限定]
日経クロストレンド

モビリティー産業の大変革について情報発信してきた有志組織「シリコンバレーD-Lab」プロジェクトのメンバーが、米テスラのビジネスモデルを分析。単なる高級電気自動車(EV)メーカーではない、その本質を探る。

◇  ◇  ◇

テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が、ライドシェアへの参入をツイッターで表明したのは、2019年4月のことだ。

同じ頃、シリコンバレーで米ウーバーテクノロジーズ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン