/

この記事は会員限定です

印刷用紙3年ぶり値上げ 日本製紙、22年1月出荷分から

[有料会員限定]

日本製紙は4日、2022年1月1日出荷分から印刷用紙と情報用紙、産業用紙の価格を引き上げると発表した。上げ幅は15%以上。原燃料価格の高騰や物流費、人件費の上昇、温暖化ガス削減の対策費用の負担が主要因だ。同業他社も追随するとみられる。

洋紙の価格改定はおよそ3年ぶり。満額浸透するとカタログなどに使うロール状の塗工紙(巻き取り、A3規格)の代理店卸価格(中心値)は1キロ143円前後、コピー(PPC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン