/

この記事は会員限定です

三菱食品、AIが適正在庫を予測 ローソン向け全拠点で

[有料会員限定]

食品卸大手の三菱食品は2022年9月までに、ローソン向けの在庫を扱う同社の全拠点で人工知能(AI)を使い適正在庫量を予測するシステムを導入する。メーカーへの発注量の精度を高めることで、実証実験では欠品を出さず在庫量を3割程度削減できた。食品の廃棄ロスの削減や物流の効率化につなげる。

三菱食品やNTTデータ、インダストリー・ワン(東京・千代田)などがシステムを共同開発した。三菱食品が持つローソンからの1~2年分の受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン