/

この記事は会員限定です

日立が違法伐採防ぐ監視システム 脱炭素で市場拡大

[有料会員限定]

日立製作所は熱帯雨林での違法伐採を防ぐ監視システムを開発した。ネットにつながる音声センサーを森林に設置し、森の中の動物などが発する音の変化を人工知能(AI)で分析。違法伐採の可能性がある場合、レンジャーが駆けつけて違法伐採を未然に防ぐ。温暖化ガスを吸収する森林の保全につなげ、ESG(環境・社会・企業統治)の取り組みを推進する。

米IT(情報技術)子会社の日立ヴァンタラが米NPOのレインフォレスト・コネクショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り521文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン