/

この記事は会員限定です

三菱重工やカインズ、海外「SaaS」で事務を効率化

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

クラウドで業務ソフトウエアを提供するSaaS(サース)分野で、米国など海外のサービスを採用する日本企業が増えている。三菱重工業など大手も管理部門から現場まで様々なデジタル化に海外SaaSを活用する。サービスを目利きして日本企業に仲介するファンドも一役買う。一方で、データ管理や障害対応などに課題があることも踏まえる必要がある。

SaaSとは


 「ソフトウエア・アズ・ア・サービス」の略でサースと呼ばれる。従来の業務システムが顧客企業ごとに作り込むため導入や更新に時間がかかることが多かったのに対し、SaaSではネット経由でソフトの機能を使える。会計、営業など対象領域を絞ることで初期費用や利用料金を抑えられ、中小企業でも導入しやすい。

資材調達コスト大幅減

「国内外の拠点で統一された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン