/

この記事は会員限定です

インドネシアで仮想通貨取引所 消費者保護へ22年内開設

[有料会員限定]

インドネシア政府はデジタル通貨への関心の高まりに伴う消費者保護策の一環として、2022年末までに暗号資産(仮想通貨)の取引所を開設する。政府高官が8月31日、明らかにした。

当初は21年に開設の予定だったが、プロセスが複雑なため22年1~3月期に延期され、その後棚上げされていた。インドネシアのJerry Sambuaga貿易副大臣は「あらゆる要件や手順、必要な措置をとる」と述べ、開設が遅れたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞社は、東南アジア各国で投資ファンドやスタートアップ企業の動向を追うシンガポール新興メディア「ディールストリートアジア」と協力しています。同社のスタートアップ企業やテクノロジーに関する記事の日本語要約を日経電子版に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン