/

ニフコ、ABS関連部品を6割軽く 金属製から樹脂製に

ニフコはこのほど、トヨタ自動車と共同で急ブレーキ時にスリップを防ぐアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)関連部品の量産を始めた。ABSの駆動装置を車体に固定する部品で、素材を金属から樹脂に切り替えて6割軽くした。車体の軽量化で燃費向上につながる点を訴求し、自動車メーカーに売り込む。

ABSの駆動装置は2キログラムを超えることが多く、重量に耐えられるよう固定部品は金属を使うことが一般的だ。ニフコは同社が持つ工業用ファスナーなど樹脂製品の設計や開発の技術をいかして樹脂製に切り替えた。同社によると、樹脂製のABS駆動装置用の固定部品は珍しいという。

従来は複数の金属部品を組み合わせて固定部品を作っていたが、複雑な形に加工できる樹脂を使い部品点数を4割減らした。組み立て作業時間の削減につながるという。

固定部品はトヨタの電気自動車(EV)「bZ4X」とSUBARUのEV「SOLTERRA」で採用された。ブレーキ周りでも樹脂を使えることを示し、顧客への提案を進めたいという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン