/

この記事は会員限定です

関西スーパー攻防、総会ルールに教訓 担当弁護士が総括

[有料会員限定]

2021年に経営統合を巡り激しい法廷闘争となった関西スーパーマーケットと、食品スーパー大手のオーケー(横浜市)の担当弁護士が日本経済新聞の取材に応じた。双方とも、今後の総会実務に「大きな変化が必要になるものではない」との見方を示したうえで、「賛否が拮抗する総会の場合、株主により一層、ルールをわかりやすく説明することが重要だ」などと指摘している。

決め手は株主真意

争いの発端は、21年10月29日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン