/

この記事は会員限定です

PayPayと楽天、手数料応酬は前哨戦にすぎず

日経FinTech編集長 岡部一詩

[有料会員限定]

「葛藤はなかったのか」――。筆者の問いかけに、スマートフォンのコード決済最大手PayPay(ペイペイ)の馬場一副社長は「ものすごいあった」と答えた。2021年10月に実施した加盟店手数料の有料化についてである。同社は中小店舗向け手数料を決済金額の最低1.6%に設定した。

馬場副社長はこう続ける。「当社へのインパクトはもちろん、新型コロナウイルス禍によって中小・零細企業が困っている状況で社会的に大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません