/

この記事は会員限定です

患者急変予兆をデータが警告 呼吸数管理で心停止防げ

[有料会員限定]

入院患者の突然の心停止など、容体急変による死亡例を減らすことは、病院の長年の課題だ。近年、急変の予兆を患者の呼吸数や脈拍などから調べるためのシステムが導入され始めた。患者の救命にはもちろん、対応する医師や看護師らの負担軽減にも役立っている。

「具合の悪い方はいますか」。横浜市立大学付属病院(横浜市)の集中治療部部長で医師の高木俊介さんが院内のナースステーションで聞き取りを進める。高木さんは集中治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン