/

テレビ「レグザ」、新映像処理エンジン 奥行き感再現

中国の家電大手海信集団(ハイセンス)傘下で、東芝の「レグザ」ブランドのテレビを扱うTVSレグザ(青森県三沢市)は4日、テレビ搭載用の高画質映像処理エンジンを開発したと発表した。人工知能(AI)を搭載し、奥行きや立体感のある映像を再現できる。新エンジンを搭載したテレビは2022年中に発売することを目指す。

米ラスベガスで開かれる世界最大のテクノロジー見本市「CES」に合わせて発表した。CESでは新エンジンを搭載した有機ELテレビと液晶テレビを参考展示する予定だ。

新たなエンジン「レグザエンジンZR α(アルファ)」を開発した。エンジンには「ディープニューラルネットワーク」と呼ばれる技術を持つAIを新たに搭載し、従来のエンジンと比べて高精度な画像処理を実現した。

例えば被写体と遠景を分けて画像処理を実施することで、高画質かつ奥行きや立体感がある映像を再現する。これまでは画面全体で同じ画像処理をしていたため、奥行き感が失われてしまう課題があった。その他にも自然な顔色の補正や、ネットの動画配信サービスごとの特性に合わせた高画質処理などを実現する。

新エンジン搭載機種は22年中の発売を目指す。発売地域は未定だが、上位機種への搭載を想定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン