/

この記事は会員限定です

たばこ市場、迫るゲームチェンジ 加熱式にシフト

(更新) [有料会員限定]

米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)が日本で紙巻きたばこの販売を10年以内に終了する方針を示した。紙巻きの喫煙の場が制限される中、シェア7割を握る加熱式に経営資源を集中させる。日本たばこ産業(JT)も加熱式を強化し、紙巻き関連施設の整理に動く。たばこ市場はゲームチェンジの時期を迎えている。

「10年後にこの煙があったんだということを忘れてしまう。日本では実現するのではないか」。ヤチェック・オルザック最高経営責任者(CEO)はこう語った。「第1の選択肢は喫煙をやめること。だが、難しい方が多く、セカンドオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1026文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン