/

この記事は会員限定です

株主提案で「監査等委員」刷新 内紛の天馬に法の盲点

[有料会員限定]

取締役会のお目付け役であるはずの監査等委員の選任を巡り、プラスチック製品製造の天馬の動きが注目を集めている。29日に予定される株主総会では、投資ファンドが株主提案した選任議案に経営陣が賛成を表明している。これに対し監査等委員会が再任を含む独自議案で対抗する異例の展開だ。経営陣が外部株主と組んで意に沿わない監査等委員会を刷新しようとする形にもみえ、会社法の盲点ともいえる事態になっている。

「ガバナンス(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン