/

この記事は会員限定です

ファーウェイスマホ分解、中国部品6割に倍増 米制裁で

 

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国の華為技術(ファーウェイ)のスマートフォンで同国製部品の採用が急増している。高速通信規格「5G」対応の最新スマホを分解したところ、中国製の比率が金額ベースで約6割と旧モデルから倍増した。米国の制裁が続く中、複数の部品を国産に切り替えた。中核半導体の一部はなお米国製の在庫に頼っており、今後のモデルでは機能の高度化で後れを取りそうだ。

日本経済新聞が調査会社フォーマルハウト・テクノ・ソリューション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン