/

ソフトバンクG、製薬大手ロシュの株式50億ドル取得

米通信社報道

think!多様な観点からニュースを考える

ソフトバンクグループ(SBG)がスイス製薬大手ロシュの50億ドル(約5500億円)程度の株式を取得したことが4日、分かった。米ブルームバーグ通信が報じた。SBGは未公開のAI(人工知能)スタートアップ企業への投資が中心だが、2020年に米テック企業など上場株に投資する新会社を立ち上げ、投資分野の分散も進めている。

SBGは日本経済新聞に対し「コメントを控える」と述べた。ロシュの足元の時価総額は約3450億ドル。新型コロナウイルス感染症の抗体検査薬や検査機器などの売上高が伸び、認知症の治療薬の最終治験などを進め、株価は年初から約25%上昇している。ブルームバーグによると、ロシュ傘下で抗体医薬開発に強みがある米ジェネンテックの今後の成長率が高いと判断したもようだ。

SBGは米国や欧州、アジアの製薬、ヘルスケア、バイオ関連の技術を持つ企業への投資を拡大している。米中対立によって米政権は中国企業を念頭に置いた上場ルールの厳格化を進め、中国政府も米市場に上場する中国企業への規制を強める方針で、投資先の分散を進めているとの見方もある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン