/

この記事は会員限定です

一喜一憂の体重管理でがん予防

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

私の恩師の養老孟司先生はヘビースモーカーかつ病院嫌いで有名。そんな先生ですが、重度の糖尿病から心筋梗塞を発症し、26年ぶりに東大病院を受診しました。自身の闘病や愛猫「まる」の死から、生と死、医療との向き合い方まで語り合った共著『養老先生、病院へ行く』(エクスナレッジ)は10万部のベストセラーになっています。

養老先生の病院嫌いは大病の後も基本変わりません。先日、1年ぶりに東大病院を受診されました...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン