/

エンビジョンAESC、茨城にEV電池工場 投資500億円

(更新)
茨城県への新工場建設を発表するエンビジョンAESCグループ社長ら(4日、水戸市)

中国系車載電池大手のエンビジョンAESCジャパン(神奈川県座間市)は4日、茨城県内に新工場を建設すると発表した。投資額は500億円。茨城県の補助金などを活用する。生産能力は最新の電気自動車(EV)で7万台分からはじめ、将来的に20万台分まで高める。2024年に稼働し、日産自動車のほか、自動車メーカー各社へ供給する。

新工場は茨城中央工業団地(同県茨城町)に建設し、10月に着工する。立地面積は36万平方メートルあり、7万台分の生産能力は国内最大級となる。茨城県の20億円の補助金を活用し、エンビジョンAESCジャパンが建設する。時期を明かさなかったが、将来はさらに500億円を投じて生産能力を3倍にする。既存の国内工場と比べ7倍の生産能力になる。400人を雇用し、将来は1000人に増やす。

同日午前、茨城県庁(水戸市)で記者会見した松本昌一社長は「茨城で国内最大級の工場の建設を発表するのは意義深い」と語った。記者会見に主な取引先として招待された日産のアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は「カーボンニュートラルに向けて電動車を投入するには母国市場の日本が重要だ。EVのラインアップを拡充するのに新工場に大変期待している」と語った。

エンビジョンAESCジャパンは、中国の再生可能エネルギー企業、エンビジョングループが80%、日産が20%を出資するエンビジョンAESCグループの傘下にあり、日本の工場の運営を担う。同グループでは日英米中に電池で4工場を抱え、20年の車載電池(出荷容量ベース)で世界シェア7位だ。新工場は座間市の工場(3万台分)に次いで、国内2カ所目になる。現状、生産した電池の9割を日産向けに供給している。新工場も日産でEVを生産する栃木工場などに供給するが、他のメーカーにも拡販する拠点とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン