/

この記事は会員限定です

「サハリン2」、ロシアが新会社設立 日本への影響は?

[有料会員限定]

ロシア政府は3日までに、極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」について新たな運営会社を設立することを決めた。サハリン2には三井物産三菱商事が参画する。今後1カ月以内に新会社に加わるかどうかの判断を迫られる。日本にとって液化天然ガス(LNG)輸入量の約1割を占める権益はどこに向かうのか。日本への影響を含め、3つのポイントでまとめた。

・ロシアはなぜ新会社を立ち上げるのか?
・日本にとってサハリン2の重要性は?
・日本のエネルギー企業の対応は?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン