/

この記事は会員限定です

再エネ主力電源時代の省エネ法 市村健氏

エナジープールジャパン社長

[有料会員限定]

再生可能エネルギーを大量導入する前の電力市場は、原子力や火力など大規模電源が主力だった。電力需要が最大となるのは盛夏の昼、例えば甲子園の高校野球決勝戦の頃合いで、電力需要が少ない夜間は大規模電源の稼働率が下がる。設備への負荷を平準化しようと夜の電気代を割安にする一方、日中の電気代を割高にして電力消費を抑える「ダイナミックプライシング」を実施してきた。

しかし、再エネを主力電源とする時代は様相が異...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン