/

この記事は会員限定です

農業の環境負荷、データで低減 NTT西日本や理研が研究

[有料会員限定]

NTT西日本や理化学研究所などは、農業分野での環境負荷の低減に向けた共同研究に着手した。環境汚染につながる恐れがある化学肥料や農薬の利用と土壌に含まれる成分、収穫される果物の品質の関係性のデータベースを作るほか、栽培の過程で出る温暖化ガスの定量化も検討する。人工知能(AI)による分析も加え、肥料や農薬を最小限に抑えて品質の高い農作物の栽培につなげる。

研究は2021年度に始めており、約2年間取り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り364文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン