/

JAL、手荷物検査でPC取り出し不要 羽田発国内線で

日本航空(JAL)は羽田空港を出発する国内線の保安検査場の大半で、手荷物からパソコンや飲料ボトルを取り出さずにすむ検査システムを導入したと発表した。お盆や年末年始などの最繁忙期で検査にかかる時間を最大15分程度短縮できるという。検査に使うトレーを紫外線で殺菌する装置も設置した。

羽田空港第1ターミナルの国内線の4つの保安検査場で合計12のレーンに導入した。検査の前にカバンから中身を取り出したり、荷物を整理したりするのにかかる時間を短縮する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン