/

この記事は会員限定です

キリン、ミャンマーで国際仲裁へ 国軍系と合弁解消巡り

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

キリンホールディングス(HD)は6日、ミャンマーの国軍系企業に求めていた合弁解消を巡り、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)に仲裁を提起したと発表した。当事者間の交渉が難航しており、解決を第三者機関に委ねる。合弁解消の正当性を国際社会に訴え、圧力をかける狙いだ。ただ、国軍系企業が仲裁結果に応じるかは不透明で、解決までには曲折も予想される。

合弁会社はビールを製造・販売する「ミャンマー・ブルワリー」。キリンHDが51...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン