/

ZHD、自社株買いと新株予約権発行 プライム上場へ

ヤフーの親会社のZホールディングスは3日、最大682億円の自社株買いと、取得した自社株を使う新株予約権の発行をすると発表した。ソフトバンクグループが出資するZHDの親会社が自社株買いに応じる。同日、2022年4月に控える東京証券取引所の市場区分再編で最上位の「プライム市場」を選択することを発表。親会社の保有株を市場に放出し、流通する株式の比率を高める。

プライム市場は一般の投資家が自由に売り買いできる株式の割合(流通株式比率)を35%以上と定めている。ZHDは現在33.9%にとどまる。

流通株式比率を35%以上にするために、自社株買いと新株予約権の発行を組み合わせる。

まず10日から22年1月13日まで、1億300万株(発行済み株式数の1.35%)を上限に自社株のTOB(株式公開買い付け)をする。買い付け価格は2日終値を10%下回る額(663円)と、8日終値を6%下回る額の低い方。親会社のAホールディングス(HD)がTOBに応募する。

TOBの終了後、22年1月14日にBofA証券に新株予約権を発行する。予約権がすべて行使された時に発行される株式数はTOBで取得した自社株と同数となる。行使価格の下限はTOB価格など、複数の条件や制限が付いている。希薄化を抑えつつ、行使によって自社株を市場に放出させる。調達する760億円はZOZOの株式取得やヤフージャパンのライセンス契約を買い取った際の借入金返済に充てる。

22年2月にはすでに保有する自社株のうち6017万株(同0.79%)を消却する。23年度までに新株予約権がすべて行使されるとTOBで取得した自社株が全て市場に放出され、流通比率が35%以上に高まる。

AHDはTOBに応じた後もZHDの親会社のままとなる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン