/

この記事は会員限定です

ライオン、歯磨き粉に認証ミント 22年までに切り替え

[有料会員限定]

ライオンは歯磨き粉材料のミント「和種ハッカ」の調達先を、持続可能性に配慮した農場経営や栽培で認証を受けた農家に切り替える。2022年までに、和種ハッカを使う歯磨き粉の8ブランド全てで実施する。

認証機関は持続可能な農業経営を目指す国際団体「SAI Platform」(スイス)。水使用量の削減や近代的な農法の導入、労働者の人権保護などが認証の条件となる。

和種ハッカの最大生産地はインドだ。ライオンは現地農家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン