/

NHK、ニュースのネット配信でウクライナ語字幕

NHKは3日、国際放送のインターネット配信サービスでウクライナ語字幕の提供を始めたと発表した。ウクライナ侵攻で関連ニュースの需要が高まる中、ウクライナ語話者が最新の情報を得やすくする。

ウクライナ語の字幕を始めたのは、国際放送「NHKワールド JAPAN」。同番組は英語による24時間放送をインターネット経由でライブ配信している。2019年からは人工知能(AI)による自動翻訳で、8言語(9種類)の字幕を付けている。ウクライナ語で9言語目になる。

NHKによると、この1週間ほどでライブ配信のアクセスが通常より増え、多言語で見られるようにしてほしいとの意見が多く寄せられたという。ロシア語には対応していないが、ロシア語のニュースはラジオとインターネットで提供している。

NHKの正籬聡副会長は3日の定例会見で「ネットの普及で情報に国境がなくなった。ウクライナ情勢を自分のこととして捉える人が多く、視聴率にも表れている」と述べ、取材体制や番組編成を強化していると説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン