/

日本駐車場開発、純利益11%減 税負担増加

日本駐車場開発が3日に発表した2021年8~10月期の連結決算は、純利益が前年同期比11%減の9億1900万円だった。駐車場事業が伸び営業増益だったが、スキー場事業の繰り延べ税金資産が減ったことで税負担が増加した。

売上高は4%増の62億円、営業利益は6%増の11億円だった。主力の駐車場事業はオフィスビルなどの駐車場の受託が増加した。テーマパーク事業は人気イベントの開催や緊急事態宣言の解除が後押しした。スキー場事業は新型コロナウイルスの感染拡大や、かき入れ時のお盆期間の雨天を受けて苦戦が続いた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン