/

電通グループ、本社ビルの売却決定 利益貢献560億円

電通グループは電通本社ビル(東京・港)の売却を決めた

電通グループは3日、東京都港区の本社ビルを特別目的会社(SPC)に売却することを決め、9月30日に譲渡すると発表した。電通グループは「譲渡先の概要の開示は控える」とするが、SPCには不動産大手のヒューリックなどが出資している。電通グループは譲渡後、同ビルを賃借する。売却額は非公表だが、同社はすでに2021年12月期の連結業績予想に最終損益ベースで約560億円の利益貢献を織り込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン