/

この記事は会員限定です

大廃業時代 後継者候補を広げる投資マネー

大廃業時代を乗り切る(4)

(更新) [有料会員限定]

「親子で承継について話していますか」。埼玉県川口市を地盤とする青木信用金庫の石山尚は取引先に問いかけている。

地域金融機関にとって事業承継は融資先を保つ重要な経営課題だ。2019年の調査で地域657社のうち5割で後継者が決まっていないことがわかり、中小企業基盤整備機構と連携して事業承継の支援を始めた。

支援過程では専門家が面談に同席し、経営者や家族に承継を意識させる。子供に引き継ぐ意思がないなら、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン