/

この記事は会員限定です

感染者システムめぐり通報 「被害なし」でも残る課題

[有料会員限定]
日経クロステック

新型コロナウイルス感染者らの情報を共有する政府システムに海外から不正にアクセスされている疑いがあるとの情報が2020年8月に外部から寄せられ、厚生労働省がセキュリティー強化に追われていたことが日経クロステックの取材で分かった。機微な個人情報を扱うシステムの運用や情報公開の在り方に課題を残した。

クラウド上にシステム構築

不正アクセスの疑いがあるとの連絡があったのは「新型コロナウイルス感染者等情報把...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン