/

ウクライナ危機 欧州の原発回帰誘う

日経ビジネス電子版

ロシアのウクライナ侵攻によって欧州で原子力発電への回帰が色濃くなる可能性が出てきた。欧州は天然ガスの約4割をロシアに依存し、特にガスパイプラインでつながるドイツでは影響が大きい。独はフランスから電力を輸入しているが、その仏は2021年来、脱炭素電源として原発新増設を旗幟(きし)鮮明にした。エネルギー安全保障の観点からさらにそれが加速すると専門家は見ている。欧州では原発産業が衰退しており、ロシアや中国の原発にも頼れない。日本勢の出番が増える可能性もある。

「特にエネルギーについては経済制裁による『返り血』で、制裁をかけた方が身動きが取れなくなることが多い。ウクライナ問題がどこまで長期化するかにもよるが、欧州で『準国産エネルギー』たる原子力発電を活用すべきという方向に世論が傾く国があるかもしれない」。国内外のエネルギー動向に詳しい国際環境経済研究所の竹内純子理事・主席研究員はこう解説する。

米欧日は国際資金決済網である国際銀行間通信協会(SWIFT)からロシアを排除することを決めた。発動されればロシアは輸出するガスの取引代金を事実上、受け取れなくなる。ロシアからのガス供給が途絶えるリスクを覚悟のうえで、同国の行き過ぎた行動を抑止する「肉を切らせて骨を断つ」戦術だ。

欧州の脱炭素はプーチンが最大の受益者

本当にロシアがガス供給を止めるかどうかは予断を許さないが、あらわになったのは欧州の脆弱なエネルギー市場だ。キヤノングローバル戦略研究所の杉山大志研究主幹は「ロシア依存は欧州の脱炭素政策がもたらした結果」と論じる。

欧州は脱炭素のお題目のもと、石炭火力発電所を次々と停止。再生可能エネルギーの普及拡大にひた走ってきた。だが、それだけで電力はまかなえず、かえってロシアへのエネルギー依存を強める結果となっていた。

欧州には本来であればガス資源が豊富にあるが、英シェルなど石油・ガス企業は、政府機関や金融機関などの圧力を受けて資源開発を縮小。事業売却も進めてきた。

杉山氏は「今のウクライナ危機の構図を見ると、プーチン大統領こそが、EUの脱炭素政策からの最大の受益者となっている」と指摘する。そうした状況にあって欧州で「原発の新設や稼働の動きが進むだろう」(日本エネルギー経済研究所の小山堅専務理事)との見方が強まっている。

ウクライナ危機が早期に収束したとしても、ロシアが何をしでかすか分からない以上、エネルギー安全保障の観点から原発を選択肢に入れざるを得なくなっているのだ。

すでに仏ではマクロン政権が原発再興の旗を振り、2050年までに国内に原子炉6基を新規建設すると発表。原発依存度を7割超から5割に下げるため14基を閉めると18年に発表していたが、撤回した。マクロン大統領は「安全上の問題がない限り、稼働中の原子炉を止めることはない」との考えも鮮明にしている。

そもそもフランスが原子力推進に軸足を置いたのは1970年代のオイルショックがきっかけだった。欧州全体が再びエネルギー問題に直面するなか、欧州連合(EU)の盟主たるフランスは、原子力回帰のアクセルを強く踏み込みそうだ。

独首相、方針転換を表明

同じ盟主として対照的なのが独。ここ数年、原発を次々と止めてきた。22年は稼働中の3基を止め、ゼロにする計画を打ち出している。独の電力全体に占める原子力の割合は10年の22%から20年に11%に低下。その分、再生エネは17%から45%に高まった。残りは主に化石燃料系の電源だが、輸入する天然ガスは6割がロシア産。欧州全体の4割と比べその依存度は高い。つまり再エネに突き進んだ結果、エネルギー安全保障はおざなりになったのがドイツなのだ。

このためドイツで原発停止の是非を巡る議論が再び沸き起こっている。ロイター通信によると、独ショルツ首相は「ここ数日の動きにより、責任ある先を見据えたエネルギー政策が、安全保障のためにも決定的に重要であることが明らかになった。個別のエネルギー供給国からの輸入に依存している状況を克服するため、方針を転換しなければならない」と原発も含めた見直しをほのめかした。

風雲急を告げる欧州のエネルギー市場だが、11年の福島第一原発事故から11年近くがたつ間、欧州でも縮原発が進んだ。原発産業は風前の灯で、フランスはかろうじて残っているものの、規模は小さくなっている。英国など欧州各国は一時、中国の原発産業にすり寄ったが、近年その蜜月関係にもかげりがみえる。

そうしたなか、追い風が吹きそうなのが日本だ。特に三菱重工業はフランスの原発メーカー、フラマトムとは長年の関係を築いており、これまで同社などに蒸気発生器15基を供給。足元でも9基を製造するほか、冷却材用配管も手掛けており、かつて新興国向けの原発輸出でもタッグを組んだ実績を持つ。

英国では南西部ヒンクリーポイントで新設中の原発に34台のポンプを供給した。衰退する欧州の原発事業にあって、三菱重工はサプライチェーンの要の1社になっている。竹内氏は「西側諸国のサプライチェーンは相当劣化してしまっている。新増設がどの程度行われるかは不透明だが、今後の原発事業について日本との協働を期待する声も多い」と話す。

脱炭素時代、エネルギー安全保障という難題がのしかかる欧州。原発回帰が進むのか。動向から目が離せない。

(日経ビジネス 上阪欣史)

[日経ビジネス電子版 2022年3月3日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません