/

味の素、半導体材料でもう一つの「金メダル」

「選手村での金メダルはギョーザ」。海外アスリートが味の素の冷凍ギョーザを絶賛した(写真:味の素冷凍食品)
日経ビジネス電子版

東京五輪・パラリンピックの選手村で世界中のアスリートに人気となった、味の素の冷凍ギョーザ。金メダル級の活躍はギョーザだけではない。ノートパソコンの頭脳であるMPU(超小型演算処理装置)の絶縁材に味の素の「うま味」が詰まっている。

「世界一おいしいギョーザ」。東京五輪・パラリンピックは新型コロナウイルスの感染拡大のため、バブル方式で参加選手の行動が厳しく管理された。そんな中、選手村の食堂で提供された豊富なメニューは選手らの息抜きになった。とりわけ人気だったのがギョーザで、ツイッターやTikTokなどに選手がほおばる姿が投稿され、「ギョーザが選手村での金メダル」と話題を集めた。

国内外で食品事業を展開する世界最大のアミノ酸メーカー、味の素は100年以上前に世界で初めてうま味調味料を商品化した。甘味、酸味、塩味、苦味に次ぐ日本発の「うま味」は、今や「UMAMI」として世界で通用する。ギョーザブームは「おいしさの伝道師」である味の素の面目躍如となった。

ABF、高性能パソコン向けでは世界シェアほぼ100%

そのギョーザに勝るとも劣らない存在感を放っているのが、味の素の半導体材料だ。リモートワークで世界的に需要が爆発的に伸びたノートパソコンやスマートフォンの頭脳にあたるMPU。その絶縁材に味の素の子会社、味の素ファインテクノ(川崎市)が手掛ける層間絶縁材料「味の素ビルドアップフィルム(ABF)」が使われている。

「ABFはしっかり調達できていますか」。コロナ禍で製造業のサプライチェーンが混乱する中、ある半導体基板メーカーはABFの調達状況について顧客から確認されることが増えた。現在、供給に支障はないが、「ABFがなければ高性能電子機器の製造が難しくなるほどの重要材料」(基板メーカー)という。ABFは、MPUとマザーボードとをつないで信号を伝えるための半導体パッケージ基板に絶縁材として使われる。絶縁性能と接続信頼性の高さ、配線微細化のしやすさが特徴で、幾層にも積み上がった電子回路間に電子を精緻に流すために必須の材料だ。正確なシェアは不明だが、高性能パソコン向けの世界シェアはほぼ100%に達するという。

業績貢献度も高い。21年3月期は味の素の事業利益1131億円のうち、調味料・食品が867億円と全体の77%を稼いだが、ABFが主軸の電子材料を含むヘルスケア等が262億円と23%を占めた。中核の調味料・食品、冷凍食品の好調さに加えてABFという成長事業を持つバランスの良さが評価され、味の素の株価は約3300円、予想PER(株価収益率)は約30倍で推移し、9月2日には過去10年での高値を付けた。

アミノ酸技術の応用から電子材料事業が生まれた

味の素ファインテクノが手掛ける層間絶縁材料「味の素ビルドアップフィルム(ABF)」

では、どうして食品メーカーが半導体材料を手掛けているのか。うま味調味料味の主成分であるグルタミン酸ナトリウムは現在、さとうきびなどを使った発酵法によって製造しているが、1960年代には合成法によって製造していた時期があった。その中間体の有効利用のためエポキシ樹脂の硬化剤を開発するなど、副生成物や技術を活用しようとして味の素の電子材料事業は始まった経緯がある。エポキシ樹脂の技術を発展させて1999年にパソコン用半導体パッケージ基板の絶縁材料として誕生したのがABFだ。

パソコンやサーバーの高性能半導体向け絶縁材に使われるABF。門外不出の原材料の配合技術が「おいしさ」の決め手だ。

1990年代、パソコンの普及のため半導体関連の様々な部材にも性能向上が求められるようになった。絶縁層上に微細な銅回路形成が求められる中、それまで絶縁材料に用いられてきたインキは数多くの課題を抱えていた。インキは印刷と乾燥を繰り返すため工程数が多い。表面の平滑性が悪いためでこぼこになりやすく、配線間に気泡も残りやすかった。付着ゴミ、溶剤の臭気も製造現場で問題になっていた。当時、こうした課題解消のためフィルム化に様々な素材メーカーが挑んだが、実現は困難とみなされていた。そこに後発メーカーの味の素が開発に乗り出し、卓越した樹脂配合技術によって実現にこぎ着けた。

フィルム化の効果は抜群で、液状樹脂よりも取り扱いが驚くほど容易になった。基板を上下のフィルムで真空ラミネート方式によって挟み込む。つまりフィルムを貼り付けるだけなので工程数が減る。表面も平滑になり、上部に配線の積み上げがしやすくなった。ABFの導入で、表面への銅メッキとレーザーの穴開け加工によって多層に電子回路が接続する構造のプリント基板を作成できるようになった。そこから四半世紀、絶縁材料の技術革新によって、MPUの高性能化を「土台」から支えてきた。

強みは「高速開発」による顧客との緊密な連携にあり

グローバルニッチトップとして世界にその名をとどろかすABFだが、半導体業界では技術世代が変わる度に陳腐化するリスクを抱える。同社は足をすくわれないように、1999年から培った10種類以上の原料を配合する技術とソリューション提案力の高さを参入障壁とし、競争力確保に努めている。ABFのうち「秘伝のタレ」に相当する樹脂組成物のワニスは味の素ファインテクノの群馬工場(群馬県利根郡)で生産し、フィルムに塗工する工程や低温物流は工場近隣の外部企業に委託している。こうした体制もひとえに開発力に磨きをかけるためだ。

「(強みは)お客様のニーズを先読みした高速開発。言われてから作るのではなく、こうなると先読みしていくつかの処方をある程度のレベルに仕上げて、お客様のニーズが来た時点で人数をかけて一気に開発をする」。21年6月の機関投資家・アナリスト向け事業説明会で味の素ファインテクノ幹部は自らの強みをこう分析した。高速開発とは実験室での開発、試作、客先評価を短いサイクルで繰り返し、製品化スピードを速める取り組みのことだ。

エコシステムという取引先とのつながりも開発力の鮮度を保つには欠かせない。直接の顧客である基板メーカーだけでなく、その先の半導体メーカー、原材料を購入するメーカー、基板製造プロセスに関わる薬液や装置メーカーなど、バリューチェーンに関わる会社と密接に連携している。取引先を引き付けるには研究開発力引き上げも不可欠だ。24時間稼働可能なロボット導入による短時間でのサンプル計測、大量のデータを統計分析する「マテリアルズ・インフォマティクス」を駆使した配合条件の検討など、最新技術導入にも余念がない。

パソコン向けやデータセンターのサーバー向けに高性能MPUの需要が伸びるのに合わせて、ABFの出荷量は2024年度には20年度比で約7割増に大幅に伸びる見通し。事業拡張に備え、22年6月完工を目指して新研究開発(R&D)棟を建設する。狙いは実験スペースを大幅に広げるためだ。顧客との連携を深めて先端技術の先行きを捉え、ディスラプション(創造的破壊)をもたらす技術が出るような環境変化にも対応して「キーマテリアルを提供し続ける」(味の素)という。

同社は絶縁材単品だけではなく、デジタル社会において高性能半導体の小型化や高集積化にいかに貢献するかという大きな視点で捉えて製品開発に取り組んできた。であるからこそ、技術革新の波に淘汰されず、業界標準の椅子を死守し続けている。そこには、うま味の発見から受け継がれるイノベーターとしての一貫した姿勢がある。

(日経ビジネス 岡田達也)

[日経ビジネス電子版2021年9月3日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン