/

日本駐車場開発の純利益23億円 21年7月期

日本駐車場開発が3日発表した2021年7月期の連結決算は、純利益が前の期比94%増の23億円だった。国内駐車場の物件数が前の期から55件増えたほか法人向けの月決め駐車場事業が伸びた。一軒家タイプの宿泊施設も好調で、新型コロナウイルスによるスキー場事業などの苦戦を補った。22年7月期の年間配当を前期より0.25円引き上げ5円を計画する。

22年7月期の純利益は前期比24%増の29億円を見込む。低迷する台湾の駐車場事業からの撤退などで採算を改善する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン